胃カメラで病気の早期発見を

大きな病気も、ストレスからくる体の不調も、胃に症状が出ることが多いです。それだけナイーブな臓器であり、体の中心的な臓器なのですね。お腹を壊していたり、吐き気が続いたり、食欲がないなど、なにかと内科的な不調を感じた際は、病気の早期発見のために、ぜひ胃カメラの検査を受けてみてください。かかりつけ医より大きな病院を推薦される場合もありますが、個人の診療所でも検査可能な施設も増えています。吐き気を催す不安が強い方もおられるでしょう。しかし、検査当日(時間帯によっては前日から)は、絶食なので、あまり心配はいりません。口からとおすのに抵抗がある方は、鼻からカメラを入れるタイプのものや、眠った状態で検査をしてくれる病院もありますので、まずはかかりつけ医で相談してみてください。癌など大きな疾病から、ストレス性の潰瘍など、いろいろな症状の早期発見、治療に役立ちます。

体の中の異変は、胃カメラで検査する

どこか体調不良で病院に行かれた時に、外から見える物なら、痛い部分を見せれば診断結果が出るまでには、時間がかかりません。しかし、体の内側で何か起きていて、それがどこの部分なのか分からない場合は、胃カメラを飲んで検査をするしかないです。レントゲンをして、映る物では無いので、ちゃんとカメラ口から入れて、直接見ないと分からないです。胃かめらは、口から入って食道・胃・腸が見られます。ここを細かく症状が出ている箇所を先生が見つけてくれて、その部分の症状を写真に撮って、本人に見せてくれます。ホースを口から入れたカメラの映像は、映し出されているので、見る事が可能な状態であれば、先生が教えてくれながら、ホースを先へと進めて行きます。ガンなども心配であれば、先生にその事を告げれば、その部分をしっかり見てくれます。

胃カメラをするメリット

口から胃カメラを入れていく場合については、静脈より鎮静剤を注射しながら、眠っている状態において検査を行っていくのが主流となっております。そして、胃カメラを口から入れていく際に、麻酔薬がなしではかなり苦しく、大きな苦痛を伴ってきます。また、麻酔薬や鎮静剤なしによって検査にのぞんでいくのは、かなり勇気が要るでしょう。ただし、鼻より胃カメラを入れていく場合については、鼻の中や喉の奥などに微量による局所麻酔をしていくだけとなっていますので、薬が体に与えていく影響に関しては少なく、なお、検査後においてすぐさま帰宅していくことができるようになります。また、鎮静剤などを使用していくと、検査後においてもしばらくは病院において休んでいる必要があり、すぐには帰宅することができません。そして、麻酔薬や鎮静剤についてはできる限り使用したくないといわれる人にとっても最適でしょう。

日本人で増加している大腸がんに対し、ポリープを発見することで事前に予防をして、健康を維持する実績を持ちます。 普段は見えない体の内側まで簡単に素早く知ることが出来て、キャンペーンや特典もございますので是非お越しください。 保険診療でセカンドオピニオンとして当院を利用していただけます。 胃カメラでの検査ならたまプラーザ

コメントを残す

名前 *
メールアドレス *
ウェブサイト